上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
くぼたです。
追分ラッキーフェスティバルは昨年にひきつづき雨に見舞われたものの、ステージも最後まで行われ、無事に餅つきもできました。
今年は、フィナーレにて万歳屋右近さんのたいへん厳しい指導の下、参加者一丸となって万歳ウェーブを成功させるという例年に無い「挑戦」を試みた年でした。数年前にステージの構造改革がなされ、その後トイレ環境も改善されたように、追分フェスは年々進化しているのです。自分も追分を見習って日々前進することを固く決意し、帰途についたのでした。うそですが。


さて、夜の部のステージ終了後、楽器を弾くわけでもなく数人で炭火を囲んでうだうだしていたら、ブル研の1年生が迷い込んできました。背が高く前髪の長い彼は、追分主催者のおじさま達の中で「70年代フォークみたいな奴がいる」と言われていたようです。
そんな1年生くんに話を聞くと、なんと彼は「北大メタルサークル」というヘヴィメタル愛好家の集いに参加しているとのこと。さらに話を進めると、彼はけっこうなアニメオタクであり(フィギュアも所有)、さらには対人恐怖症であると言うではありませんか。
「メタル好き」「アニメ好き」「人が怖い」といえば、このブログの共同執筆者であるFdくんがまさにそれら全ての性質を併せ持っており、私は話を聞きながら「この2人、友達になったらいいんじゃなかろうか」と思わずにはいられませんでした。
それにしても、このような濃厚な共通点を持つ人が身近に2人いるというのは、単なる偶然ではないでしょう。おそらくその3項目は、「猫好き、カレー好き、近視」みたいなものではなく、「玄米菜食主義、麻の服が好き、クーラー使わない」みたいに、どれが1つがあれば他の性質も備えている確率が高いものだと思われます。そしてそんな2人がブル研にいて、その環境をなんだかんだで楽しんでいるというのも、またブル研の持つ懐の深さと言えるのでしょう(適当ですいません)。


翌朝、そのメタラーでアニオタで対人恐怖症の2人は、初対面にもかかわらず陽光の下でにこにこしゃべっていました。共通の趣味がある人たちって、時に反発しあったりもしますが(特に男性は、趣味の世界でのライバル意識って強い気がしますが)彼らは同志を得たみたいに嬉しそうでした。これは彼らの人柄なのかもしれませんね。

というわけで、ブル研とメタルとアニメと対人恐怖症について、考えさせられた追分フェスでもありました。ちなみに、Fdくんによると、アニソンはメタルなんだそうです。

最後に、2人を引き合わせるきっかけとなったメタルの映像を貼り付けておきたいと思います。以前、Fdくんがこの記事(クリックすると読めます)で紹介していたものですが、改めて見てみると、なんかクセになりますね。

スポンサーサイト
2010.01.11 仲良し3人
あけましておめでとうございます。
いや、寒中お見舞い申し上げます。


このブログには、Bj、Fd、くぼた、と、書き手が3人おります。
ブログ更新のリーダーであるBjが東京に行ってもうすぐ2年。

実は、留守を預かったFdと私が
「オレたち頑張って更新するから、続けようぜ!」とBjを説得したために、このブログが現在まで削除されずにいるのです。
ところが、その後Fdが更新したのは2回。
くぼたに至っては一度として更新しないどころかパスワードを忘れてログインすらできない状態となっておりました。

そんな私たち仲良し3人組ですが、
Fdの新しいメールアドレスを、Bjもくぼたも知りません。
なのでずっと連絡してません。
そしてFdは「放火兄弟」というユニットで先日札幌でライブをしたらしいのですが、Bjと私はその当日の朝まで札幌にいたにも関わらず、2人ともライブを見ずに帰宅しました。

仲良し3人、こんな距離感を保ちながら今年ものそのそやっていこうと思います。



「放火兄弟」、今回のライブもなかなか評判良かったようで、行けなかったのが悔やまれます。ほんとに。

ちなみに以前、彼らのライブに友達(クラシック畑でバリバリやっていらっしゃった方々)を連れて行ったことがあるのですが、
クラシックとは全く異なるバイオリンの音色、そしてFdのネガティブなんだか何なんだかよくわからないMC、さらに誰もが予想だにしなかったFdの萌え系アニソン熱唱によって、クラシック畑のお兄さんお姉さんがFdの大ファンというか、「虜」になってしまったのです。

その後、Fdの虜となってしまったクラシック畑のお姉さんお兄さんは、あろうことか飲み会にFdを呼び出し、宅飲みしながらフルート&フィドルのジャムにもつれ込むしまつ。

フルートのお姉さん(マスコミ関係の人でジャズなんかにも造詣の深い、ステキ姉さん)いわく、「こんな面白い人(Fdのこと)と付き合いのあるしょうこちゃん(私の名)って、すごいよ!!」と。


私はすごくないです。ただブル研に居ただけなのです。
つまり、ブル研ってすごいですね。


今年もよろしくお願いします。
2007.11.20 かっこよし
ブル研に久しぶりにお邪魔しましたが、様変わりした部分もあれば先祖返りした部分もあり、色んな人がごったまぜになっていて、相変わらず面白い集団でした。
2年ぶりの定演は、1年目と2年目の区別もつかない私には正直知らん人ばっかりで、「かわいい後輩が出てる」というシンパシー的なものは強くないにもかかわらず、演奏の上手さ(って私がどうこう言えることじゃないんですけど)とかナイスMC等により、ばっちり見応えのある演奏会となっていて、ほんとかっこいかったです。

以上、独白でした。

先日スーパーにて、こんなの見ました。

鳥2

つぶした鳥は血抜きのために首を下にしてぶら下げると思うのですが、
彼は羽根をむしられてもなお生きてるようで、腹を押したら低音で鳴きました。
そんな彼を横目に、鳥串1本買ってお家で食べました。旨かった~
... 続きを読む
このブログのFdの人が、旭川へ路上演奏しに来ました。
ギター弾きのえ○くにって人と2人で。
夜9時頃だったっけか、旭川の中心地である歩行者天国「買物公園」に
アイリッシュフィドルが響き渡ったわけです。

路上@旭川


私は彼のフィドルが好きなので、ビール片手に大変楽しませていただき、
旭川におわすBG界の現人神お2人もニコニコ聞いてくださってました。
あと、なんかでかい服着てる(B系っていうんですか)お兄ちゃん3人組が、
ひとしきり聞いた後「すばらしかったっス!」とか感想を述べて行かれました。
路上って面白いですね。

その後、彼らに触発された現人神2人は、ひっそり平日夜に路上やってるそうな。
しかもけっこう稼いでるそうな。
ジャンルにかかわらず、本気でうまい人が路上で演奏してたら、
やっぱ聞いてくれる人も多いんじゃないでしょうかね。


えくに@旭川
我が家のエアコンを修理するえ○くに
くぼたです。

HOT RICEが旭川にやってきました。
ほんの数時間、っていうか数十分だったけど、
いい奴らと酒を飲むって良いものですね。

ステージの写真を撮るのをすっかり忘れてましたが、
とーーってもかっこよかったよ。
食べるのに夢中だったお客さんも、楽しそうに見てたし。
やたら真剣に聞いてる人もいたし。

旭川におわすブルーグラス界の重鎮、Kめさんも、
「奴らイケてるね!また旭川で何かやってもらいたい」
とおっしゃってました。ちょっと遠いけど…
あ、来月だか再来月は、ラストオーダーさんが旭川ツアーにいらっしゃるとのこと。
地味に旭川が熱いですよ、皆さん。
2006.05.05 小岩井
ブル研の方々は今頃、羊食べてるのかな。牛だっけ。
小岩井、いいですよね。
お昼ごはん出るし。
東北大と仲良くなれるし。
酪農大が全員来るし。

2年目のとき、小岩井からなぜか一人だけ電車で札幌に帰ったのですが、
途中の青森の駅前のコンビニで酪農大の方々と遭遇し、
夜行列車に乗って一緒に飲み語らいながら帰りました。

あと小岩井では、村田さんの「僕たちには歌がありますよ」事件もありました。
私はこのエピソードが大好きで、ことあるごとにしゃべってる気がします。
だっておもしろかったんだもん。

また関係ないですが、うちの犬です犬

2006.02.24 ともだち
旭川に来てもうすぐ一年です。
ちょっと特殊な環境にいて、肉体的にも人並みにはハードなのですが、
それ以上に、なんかこう、図太いわたくしにも、
心に重くてよどんだものがどろどろと溜まったりすることがあって、

でもその度に色んなところから友達が訪ねてきてくれて、
一緒に飲んだり食べたり笑ったり雑魚寝したりして、
私の中の重くてよどんだものを、洗い流してってくれます。
もちろん自分から友達に会いにいったときも同じです。
友達のおかげで、こうしてまた、のほほんと暮らせています。

ようするに、また遊んでくださいね。
先日書いた衣装についての記事ですが、なんと「股旅」ご本人のお父様が偶然ご覧になったようで、以下のようなコメントを頂きました。
(おそらく大丈夫だろうと思って公開しますが、もしダメならすぐ削除しますのでご連絡ください>お父様)

>この「股旅姿で仁王立ちでまっすぐ前を見据えて真顔で・・・・」
>これって・・・もしかして、私の娘???
>この話は北海道でしょうか?
>股旅姿は想像できませんが、仁王立ちで以下の情景は「きっと我が娘に間違い無いっ!」と思えますし・・・第一珍しい姓ですから、まず間違いないでしょうね。

どういった経緯で本ブログにいらしたのかは分かりませんが、これを見つけて「む、娘!?」と思われ、ご連絡くださったお父様の心情を思うと、なんというかテンション上がります。
しかし「仁王立ちで以下の情景は『きっと我が娘に間違い無いっ!」と思えますし」て。


実は、このお父様は「からくりテレビ事件」という大変面白い逸話をお持ちの方で、私はそのユーモアのセンスに以前からひそかに憧れを抱いておりました。その張本人からのご連絡ということもあり、しかもそのエピソードのイメージ通りの素敵なコメントが頂けて、色んな意味で今回の偶然はものすごく嬉しかったのです。
ご連絡ありがとうございました。これからもどうぞご覧下さい~
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。