上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.07.30 しろたん。
Bj
皆さんお忘れでしょうが、HOT RICEが先日ラジオに出ました。
札幌の地域ラジオなのですが、過去の放送分をここで聴く事ができるようです。
ふーっ・・


携帯についてるしろたんが黒くなってきたので洗いました。

DVC00195.jpg

哀れなしろたん。

DVC00206.jpg

綺麗になりました。

先月関西に行ったら、神戸人もしろたんを知ってました。
札幌だけだと思ってたら、全国的な物だったようです。
まあ、言ってもそれほど有名ではないでしょうが。
知らない方は気にしなくていいですよ。余裕で生きていけます。もちろん試験にも出ません。
スポンサーサイト
Bj
どうやら私の夏休みは終わったぽいです。
実は最近研究テーマが変わりまして、
新しいテーマの為の論文読みと装置設計のための情報集めの毎日です。
しかも、今回は企業との共同実験で、相手のあっての研究という事になりました。
そんな訳で定期的に絶対はずせない話し合いや提出書類があるんですが、
恐れてはいたのですが、それが先日ライブに影響与えてしまいまして色んな方に迷惑かけた上、
自分の中でもどうしようもない気持ちになりました。
しかしあの場面でどうすれば一番良かったのか、申しわけありませんが未だにわかりません。
音楽は好きだけど、そろそろ付き合い方を考える時期が近いのでしょうか。
悲しくなりました・・。

DVC00003.jpg

おかげでこんな物が見えました。
Bj
こんにちは。
今日も夏イベントの話です。
昨日は富良野にラベンダーを見に行きました。
自分で車を運転して行くのは2回目なのですが、この時期の富良野の渋滞は有名です。
そんな訳で下調べして裏道ルートで行きました。
岩見沢から三笠を通って、桂沢湖というところを経由して行きました。
途中、三段滝という三段になってる滝がありました。

DVC00208.jpg

マイナスイオンが溢れてました。
楽器を弾きたくなったのですが、持ってきてなかったです。残念。

そこからまたしばらく富良野に向かいました。
今回行こうと思ったラベンダー園は「ファーム富田」という中富良野にある所でして、
その名を耳にしたことのある方も多い事と思います。
富良野にはいくつもラベンダー園があるのですが、
規模や質から言って、ここが他よりも一つ二つ頭が抜け出している状況だそうです。
そんな訳でこの最盛期の日曜日(恐らく一年で一番込む日)に
最高のラベンダーを拝んでやろう決意したのでした。
駐車場に停める所付近で何時間かの渋滞に捕まることは必至だったので、
最初からあきらめて、市街に入る前に再び裏道に抜けました。
そして目的地から徒歩20分くらいの森林公園に車を止めました。
ところが、そこから目的地への道が思わぬ良い散歩コースでした。

DVC00210.jpg

とても癒されました。

「ファーム富田」にたどり着きました。
ちょうど早開きが満開で、綺麗なラベンダーが広がっていました。

DVC00214.jpg

ここは初めて来たのですが、敷地がとても広く、
ラベンダーの他にも色んな綺麗な花咲いていて、食事が出来るところやお土産も整っていて、
観光地として他よりも発達しているという印象でした。
ラベンダーそのものの規模は近くの町営のところの方が大きいかもしれません。

DVC00216.jpg

しかし面白かったです。
餅やらメロンやら、ソフトクリームやら、何故かやたら食べました。
花見たら食べたくなるのでしょうかね。桜と一緒でしょか。

DVC00215.jpg

これだけ楽しむと、どうしても帰りの運転者は辛いものです。
しかし今年の夏エネルギーはまだ萎まないことでしょう。これからです。
今度はいろんな人と海に行ったりしたいですね。

とにかくいい日でした。
... 続きを読む
Bj
先週、追分のフェスに参加して、曇りがちな心が一気に夏気分になりました。
さらに今週は早目の夏休みだったのもあいまって、色々夏イベントしました。

今までよく知らなかったのですが、この時期は果物狩りが盛んなようです。
で、特にこの7月中旬はさくらんぼが最盛期を迎えるようです。
札幌市南区の果樹園へ狩ってきました。

DVC00197.jpg


とても、真っ赤で艶のあるさくらんぼでした。味は見た目通りの甘さと香りで最高でした。
勢い任せで何年か分くらいかさくらんぼを食べた後には園内をウロウロしました。
するとすごいのがいました。

DVC00201.jpg

全開の白いクジャクです。いい事が起こると良いです。

その後には、小高い丘にケーキ屋さんに行ってお茶しました。
周りの住宅は高級そうな雰囲気で、お店も綺麗なテラスがあったりで、
小汚いTシャツ・サンダル姿の私は明らかに場違いでした。
まあお金払っているんでいいでしょう。

DVC00205.jpg


実は元々それ程甘いものは好きではなかったのですが、
だんだん好きになってきた気がします。もっと挑戦してみたいですね。
Bj
どうでもいいですが、
最近うちの教授が出張へ行ったりで、時間があります。それも一人の。
そんなんで一年生とかに誰だあの人はとか思われながら、
三日連続くらいでサ館に行きました。
これは2年振り3回目くらいの快挙です。記録更新に期待がかかるところです。
まあいいか。。

ところで禁煙継続中です。
2ヶ月くらいになるでしょうか。まだこれくらいじゃ危ないそうですが。
吸いたいときはあります。しかし我慢できる感じになりました。
食事後でもタバコを思い出さないときが多いです。格段に時間が増えた気がします。
財布にも優しいです。肌にもよいです。大気汚染をしないので環境にも優しいです。
部屋が汚れません。タバコの残り本数で夜中そわそわしません。彼女に喜ばれます。
良い事づくしでたまりません。

下のは私が使ってる禁煙カウンターなるものの途中経過です。
寿命がずいぶん延びました。


開始日時 2006年 5月 25日 12時 30分
経過時間 56日 8時間 25分経過
吸わなかった煙草 56箱 7本
浮いた煙草代 16905円
(原価 8130円 たばこ税+消費税 8775円)
延びた寿命 3日 21時間 55分
2006.07.17 追分
Fd
こんにちは、久しぶり。

最近、地元の知り合いのせいでmixiとかいう世界に足を踏み入れてしまいました。そこではちょくちょく文章を書いてるのですが、今回はそこで追分フェスの事について書いてみたんで、そういう話題ならここに載っけてもいいかと思い転載してみることにしました。ここも久しぶりだし。追分で心に残ったことを箇条書き形式で。


・原チャで追分まで行った。
これは本当に地獄だった。畑ばっかの道を通ってる時は謎の虫がオレの顔に次から次へとぶつかってきて最低だった。このときは、飛んでくる虫が気にくわないからという理由で周辺の田畑を焼き払ったとしても、裁判では正当防衛が成り立つのではないかと思ったほどだ。


・楽器を持っていかなかった。
演奏するために追分まで行ったのに楽器は持っていかなかった。現地で別の人のを借りた。


・世界暗算選手権第1位、陶山 育男との再会
何一つ変わっていなかった。


・フェス会場に着いたら知らない人がたくさんいて怖い。
人斬りはしょせん人斬り、浮気者はしょせん浮気者、対人恐怖症はしょせん対人恐怖症だということだ。


・もやしを大量に食べた。
とある御仁の協力の下でいままで食べた事のなかったもやしの大量摂取に成功した。まさに、「一目見たならあとは飛ぶだけ」だった。


・虫の羽音がうるさい。
夜はエコーズの車の中で寝たのだが、原チャでの道程の邪魔をしてきたのと同じような謎虫がまたオレの妨害をしてきた。車内では常に奴の羽音が鳴り響き、気が気でなかった。だけど、こいつに対して「マッツ」というあだ名を付けたら急に親しみがもてるようになった。


・最後の挨拶みたいなところでオレの原チャが大暴れ。
毎年、このお祭りの最後でしゃべる、名物おじさんみたいのがユーモアたっぷりの話をしてるときにオレが自分の原チャを倒してしまい、会場中に原チャに内蔵されている防犯ブザーが鳴り響いた。しかも2回。まだ田舎でのお祭りでだったから良かったが、もしこれが北朝鮮での金総書記の誕生記念式典とかだったらもうオレは二度と我が家に戻ってこれなかっただろう。


Bj
先日追分ラッキーフェスという、音楽の集いに参加しました。
それは北海道の内陸部の自然の多い場所で行われるイベントで、
とてもカントリーロードなイベントです。

その前に遊びまわっていました。
北海道の内陸部は、炭鉱をしていた都市が多いです。
というより、炭鉱を目的に拓かれた町々が多いようです。
しかし、ご存知の通り石炭は今やほとんど輸入依存で、
多くの炭鉱は閉鎖されてしまいました。
それにより多くの都市の主産業を観光やら農業やら
他のものに切り替えざるを得ない状況になったようです。
ところがまあ、それもまた上手くは行かない事が多いようです。
そんな夕張に行ってきました。

しかし天気予報はあまりよくなく、当日も嫌な雲が出てました。

DVC00183.jpg

ところが願いが叶ったか晴天になりました。

DVC00181.jpg

メロン城という所に行きました。
メロンはおろか、見所はありませんでしたが、
自然があったので満足です。

DVC00182.jpg

広く綺麗な公園があったので、
楽器ケースに手が伸びました。

DVC00184.jpg

何故バンジョーやフィドルが大きい音が出るように出来ているか。
こういうことが出来るようになのだと感じております。
正直、その辺を無効にしてしまうマイクの存在は
あまり好きではなかったりします。
おばちゃん達がとても喜んでくれました。

DVC00187.jpg

DVC00188.jpg

最高に熟れていて、ほどけるけるような歯ざわりで、
絶品のメロンでした。来て良かったです。
綺麗な街なのでなんとか廃れないで欲しいです。

そんなんで、フェスに行きました。
フェスといえば酒なので、飲み続けました。
バンドで演奏もしました。個人的にちゃんと演奏できた記憶がないのですが、
褒めてくださる方もいました。ありがとうございます。
が、中々よくわからないものです。

DVC00190.jpg

ウィングラスの人達も演奏していました。
ビデオ係だったのであまり集中して見れませんでした。

DVC00192.jpg

次の日も晴れました。

DVC00193.jpg

フェスの後は温泉・寿司の黄金パターンで疲れも回復しました。
が、着くとすぐ寝てしまいました。
そんなんで飲みは行けませんでした。ごめんなさい。
何をしに行ったのか分からないですが、楽しかったです。
2006.07.15 花火や!
Bj
花火を見に行きました。
毎年やっている河川敷の花火大会です。

DVC00176.jpg


なんだか、まるで暴発している様ですが、勿論そんなことはありません。
迫力満点だったのです。
2006.07.09 THE 対バン。
Bj
先週の土曜日にフライアーパークにてライブがありました。
その日は対バンで、「Miss Ferry」というボサノヴァのバンドとご一緒しました。
ぼくらの演奏はいつものブルーグラスでしたが、
ボサノヴァが新鮮で楽しくて、とてもよかったです。
不慣れでボクにとっては新鮮な楽器の組み合わせであり、
物珍しい気持ちもあったので、じーっと聞き入ってしまいました。
行儀良すぎてMCでもっと楽に聞いてください、なんて言われたりしました。
確かに流して聞くと良い音楽ですよね。お酒飲んでお喋りしつつが丁度いい感じがしました。
それにしてもMCのすばらしいバンドでした。CD欲しいな。

しかし、聞いた事のない人間にとっての物珍しさは
ブルーグラスの方が圧倒的だったようです。
演奏の後、逆にMissFerryの人達に褒められたり質問されたり、
えらい感銘を受けて頂けたようでした。
ボクとしてはボサノヴァについての事を色々聞きたかったのですが、
そんな暇がないほどでした。それはそれで嬉しい限りです。

こんな交流っていいですよね。
やはりミュージシャンが集うからでしょうか。純粋に音で交じれる感じがするのです。
似たような音楽同士の交流もいいですが、こういうのも最高です。。

そんなんで音楽をやってる人間として、とても幸せな日でした。
ありがとう、フライアーパーク。
... 続きを読む
Bj
こんにちは。
私が所属するブルーグラスバンドHOT RICEが滋賀フェスコンテストに出場する事になりました。
当初は申し込みが遅れて出場できない感じだと聞いていたのですが、
その後なんだか上手く事が運んだようです。
出場できないならば、久々に沖縄やら海外やら遠くへ行こうと思ったりしてたのですが
そこはまた気持ちを切り替えて優勝目指して、たくさん食べようと思います。

さて関西から帰ってきました。
今回は実験が目的で1週間程滞在してきたのですが、
週末には神戸在住のお世話なった人に会いに行きました。
そして色々遊んできました。

DVC00144.jpg

神戸の街を歩いていると、見た事のない黄色いのがいました。

DVC00133.jpg

神戸で国体があるらしいです。
そのキャラクターという話ですが。。なんだか丸いのに妙に動きが早かったです。

夜には神大の「ブルーらぷ」というバンドを見てきました。
DVC00146.jpg

DVC00147.jpg

とても爽やかで粋な雰囲気のバンドでした。
それでいて皆テクニックも素晴らしく、とても飽きさせないバンドです。
また見たいなと思いました。また見ます。
何よりもお客さんが多いのが、とても羨ましかったです。
自分らも人前で演奏できる機会が多いので、色々勉強になったりしました。
あ、滋賀フェスで競演できるようですね。楽しみです。よろしくお願いします。

その後は、ブルーらぷの人達や、そこで偶然お会いできた素敵な人達と飲みに行きました。
朝方まで続くその飲みは、色々熱かったり、辛(から)かったり、
とても社会勉強になりました。ありがとうございます。

で、その次の日はブルーらぷのわかばやしさんに橋や海に連れて行ってもらったり
再びお世話になりました。

DVC00160.jpg

DVC00164.jpg

潮風がたまりませんでした。浮き輪を持っていけばよかったです。

今回彼女には一番お世話になりました。
前に会った時のように色々お喋りもできたし、楽しかったです。ありがとう。

まあそんな感じで、ハイカラな街・神戸を満喫し
その日の夜に、ミサイルを気にしつつフェリーで帰ってきたのでした。
梅雨中でたくさん雨に当たりましたが、
癒されたし、たくさん収穫のある旅でした。
またその内行こうと思います。ではまた。

Bj
あ、こんにちは。
北海道に戻ってきました。
やはりこちらは涼しくていいですね。
向こうでは色々ありましたし、たくさんの方にお世話になりました。
お礼を言わなくてはいけないのですが、
その辺も含めて、詳しいことは明日くらいに書こうと思います。
ぶるーらぷからお越しの皆さんすみません。。

今日は水曜です。
カントリーパブ・エニウェイにHOT RICEを見にきてください。
ではでは。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。