fc2ブログ
Bj
小樽カントリーフェスのプレ・イベントでウィングベイ小樽の吹き抜けで演奏しました。
ここで演奏する事は大げさではなく昔から夢でした。
たしか高校生くらいの頃にここに来て、そう感じたのだと思います。
その時ここでフォークソングか何かのバンドのイベントをやってて、
演奏している人達が気持ちよさそうにやってるのを見て、
漠然と自分もあそこに立ちたいと感じたのでしょう。そんな感じです。

最盛期を過ぎたこのタイミングで達成された事は何だか不思議でした。
でも思ったとおり気持ちのよくて素晴らしい場所でした。
HOTRICEの営業で色んな人に演奏を聴いてもらえる事に慣れてきました。
おかげでステージにたって色んな事を感じられるようになりました。
でもこうなる事は当初からの目標でした。

ブルーグラスを初めて聴いて、いい音楽だし上手い先輩方に驚いたのを覚えてます。
ただサークルの音楽の姿勢は内輪的な雰囲気がして、ちょっと嫌でした。正直。
ブルーグラスの特性を生かして路上とか今回のイベントみたいな所で演奏する事が一番楽しいはずだし、
上手くなったら、わけのわからない枠にはまらないで、
そういう事に積極的に楽しさを求めて行きたいなと感じたのを覚えてます。

なんだかそういう事が最近達成されてきて、なんというか不思議な気分です。
また目標が見つかるまで昼寝をしようと思いました。
スポンサーサイト



Bj
今日はサークルの人が誕生日を祝ってくれました。ありがとうございます。
来年以降の進路が決まって、生活が変わりました。時間が出来ました。
研究は忙しいんですが折り合いのつけ方が成長したのもありまして。
どうしたもんかと思うと、やはり音楽をやりたくなりました。
バンドを組んでやってみるといかに良くしていこうか。
そればかり考えてしまいます。

この前の学祭でノイズというバンドで何回か出演させていただきました。
出来は元々未完成な感じでしたのでバンドの経験にと思い、
お客さんを前にするので言葉は悪いけど、場を借りるつもりで無理やりだしました。
ブルーグラスの歌詞は望郷モノ、失恋モノ、宗教モノなど、ある程度決まったパターンがあります。
自然に考えると我々一般家庭に育つ日本人にとって心に響きにくいなと元々思ってたのもあり
まずその発想を壊したいな、とか一聞して立派な事を考えてました。

そんなんで、工夫しました。
1曲紹介します。これは酷く放送禁止なはず。。
なんだかやると楽しそうな人が多かったからいいのかな。
意味解ってるのかな。まあいいや。。
昔あった「ヘーコキましたね」って歌が思い出されます。