上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Fd
『ケーヤは2度と社会へは戻れなかった…。
鉱物と生物の中間の生命体となり永遠に郵便を配り続けるのだ。
そして死にたいと思っても死ねないので
--そのうちケーヤは、考えるのをやめた』

お久しぶりです。突然ですが、今日はそんな俺の生きる支えとなってくれてる人達を紹介してみたいと思います。

まずは、何もいわずにこの映像を観ていただきたいと思います。
いきなり、小汚い小屋から尋常じゃない『気』を発したフィドル弾きが登場してきた時点で強烈なインパクトをあなたに与えることでしょう。ちなみに残り時間が1分45秒あたりになってからが一番の見所です。




いかがでしょう?おそらく、「何、こいつら?キモいんだけど。」くらいにしか思わないでしょう。

しかぁーし!!こいつらが恐ろしいのはここからだ!!
何回も観てるうちに、「あれ?こいつらもしかして結構かっこいいんじゃねぇ?」みたいに思っちまう奴らが世界中にじわじわと増殖しつつあるのだ。
あ、書き忘れてたけど、バンド名はコルピクラーニね。フィンランドのバンドです。

ちなみに、この曲の名前は「Wooden Pints」っていうんだけど、
日本では「酒場で格闘ドンジャラホイ」と呼ばれてます。

冒頭に出てくるフィドラー(ヒッタヴァイネン先生)のお姿を初めてこの目で見た時の感動は今でも忘れられません。
このお方に出会えたおかげで禿げるのが怖くなくなりました。
っていうかむしろ禿げてぇ。

あとこの映像でヤケクソな感じで太鼓を叩いてる方がいましたが、
この方は残念ながら、子供ができてから家族と過ごすことを最優先にしたいということでバンドを脱退してしまいました。
しかしファンの間では家族にこんなことやってる姿を見られたくないから脱退したという説が有力となっているようです。

最後に、「本当にこんなのが人気あるのか?」と思われたままでは悔しいので昨年ドイツで行われた彼らのライブの映像を貼り付けたいと思います。音がショボイけど。



スイマセン、ただこれらの映像を張り付けたかったから、更新しちゃいました。

激しく疾走する宴チューンに森の妖精も大暴走!ビール片手に踊りまくれ!
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouichi.blog13.fc2.com/tb.php/247-0d3e5c29
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。