上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007.10.17 一考。
Bj
1.緒言
ミュージシャンたるもの、コピーばかりしていてはいけません。
色々意味づけ、正当化する人はいるみたいだけど、
そこはやはり他人のふんどしです。
言っちゃえば二番手以下は作業です。コロンブスの卵です。(使い方合ってるかな)
まあどっかのブログに書いてましたが、練習にはなるんです。
なんでコピーという行為自体を軽視する気はありません。
しかし練習のために練習する人はいないはずです。いたらごめんなさい。

稚拙でもクリエイティブな1歩を踏み出すという事は、
その完成度以上に意味を持つ事でしょう。なんで曲を書いてみました。
まあ曲を書くことのみがクリエイティブを集約するとは思いませんが、
シンプルにして最たる手段であることは誰も文句をつけようがないでしょう。
正確にはもう数曲目にあたるのですが。
別にバンドでやりたいとか、そういうのじゃなく。
自分が曲を書いたらどんな感じなのか?といった興味からやってます。
詩を書く感覚を全く同じです。国語は昔から苦手です。

2.結果と考察
すると言葉が変化球すぎて間違いなく、他人のストライクゾーンには入らない感じの結果でした。
でもストレートな言葉を投げられる相手ってのは
世の中で一人もしくは二人くらいいれば十分なのでは?
言葉を安売りするのってどうなのでしょうかね。
そもそも人様に主張できるほど、自分は優れていません。
どちらかというと喧嘩を売る方向になる予感です。
まあこんなあり様です。。

3.結論
なんで自分は曲を書くのに向いてないという結論を得る事ができました。
技術系です。いやわかっていた事なんです。
まあでも悔しいんでもうちょい続けますが。


論文ではムリにでも未来のある好結果を報告する事を求められるのですが、
この辺日記てのはホント楽です。

まあ要領良く生きようと思った次第です。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://kouichi.blog13.fc2.com/tb.php/269-f6fc8bc6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。