上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは。やっと、この前の更新した文章を間違って削除してしまったトラウマから解放されることができました。また心を改めて文章を打ってみようかと思います。あんなくだらない出来事の続きを更新するのにこんなに時間がかかってしまいました。私の文章なんぞの続きを知りたいなんて書き込んでくださった方々には心から感謝申し上げます。それでは続きを書き込んでみようかと思います。
 
前回のあらすじ・・・部屋にスズメバチの群が入ってきてヤバイ
 
本当にあの時はパニック状態だった。世の中の事全てが理不尽に感じ、自分がこの世に生を受けた事さえ恨めしく思った。一体どうやって奴らを撃退しようか?いろいろ考えた結果オレは自分がスズメバチどもより勝っている能力をフルに活用して奴らと戦うことにした。このことは戦術の基本中の基本だろう。例えばボクシングにおいて、小柄でスピードのあるボクサーがハードパンチャーと闘うときは素早い動きで相手を撹乱し、ミスブローを打たせ疲れさせた後に倒すとかそんな感じだ。

では、オレはスズメバチに勝っている能力は何だろうか?必死に考えた。まず状況は多対一の不利な立場。殺傷能力では奴らの方が断然上。俊敏性も奴らには敵わない。それに基本的にオレは虫に触れない。計算の結果勝てる確率か限りなく0に近いという答えに至った。

絶望の淵に追い込まれかけたその時、オレは自分という存在の奥底に眠っていたある特別な力に気付いた!!それは自分は何もしないで他人に助けを求めるという能力だ!!この能力に関してはオレの独壇場だ。スズメバチはしょせん同族で群がっているだけだ。そんな高尚な発想は思いつかないだろう。もしかしたらどっかの養蜂場の親父がスズメバチを助けに来るのではないかなんて一瞬不安になったが、それは極めて稀な例だから大丈夫だろう。大急ぎで下の部屋に向かうと祖母がいた。ちなみに私はちょっと珍しく、祖母と祖父との三人暮らし(居候)です。

ここでお知らせ

以前はここら辺の状況を描写しようとしていた時に誤って削除してしまったのです。またそのトラウマが胸をよぎってきたし、文章を考えるのも面倒なので、ここでスペシャルゲストとして高名な歴史学者であるリチャード・スタニハースト氏をお招きし、この後の出来事を二行連句に要約していただきました。

スズメバチとの戦いで 
彼女は殺虫剤とハエ叩きを駆使し これを撃退した 

このようにしてオレはなんとか奴らの侵攻を防ぐことができた。ここで一つ断っておきたい。これはオレの他人に助けを求めるという誰よりも得意としている能力を活用した結果の勝利である。これはオレが自分自身でつかみ取った勝利である。もう一度言う。オレが自分自身でスズメバチどもを撃退したのである。この事をよく胸に刻みつけておくように。

この歴史的な勝利に気を良くしたオレはとても軽い足取りで職場へと向かったとさ。 
めでたし めでたし

最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます。Nくんの大冒険はひとまずこれでお終いです。またそう遠くない未来に新たな文章を更新したいなと思ってます。それではさようなら。

P、S おばあちゃん本当にありがとう!!僕もっとつよい子になれるように頑張るよ!! 

また違う日にはこんな訪問者が。捕獲後近くの林に逃がしました。

pic_0072.jpg

Fd
やぁ!!日本の皆!!久しぶりだね!!New Yosidaのフィドルのケーヤ・ナカノだよ!!今回は俺たちの新作を長い間待ってくれた日本のファンのためにこのアルバムに収録されている曲を解説しようと思ってペンを持っているんだ。

ってこんな事書いてもこのブログを読んでくれてる人は誰も元ネタとか解ってくれないんだろうな・・・よくヘビィメタルのアルバムの新譜の国内盤を買うとそのバンドのメンバーによる直々の楽曲解説がオマケで載ってるんだけどそれが大体いつもこんな感じだから・・・久しぶりだからどんな風に書き始めようかなんて考えてたらこうなっちゃった。

くだらん、まぁいいや。なぜ今回、俺が思い立ったかのようにここを更新しようと思ったかというと、それは今日の朝、もの凄く恐ろしい体験をしてしまったからだ。それは以下のような体験です。

今日の朝も仕事に行くために六時半に起床した。頭はまだボーッとしている。最近の日課はこの起きて早々の気怠さの中で窓を全開にして朝の光と風を浴びながら一本、煙草をふかすことだ。これが実に気持ちいい。今日もいつもの様に穏やかに一日が始まるはずだった。煙草に火をつけソファにもたれて恍惚の時を過ごす・・・

その直後、腕に何かがぶつかった。もうこの瞬間に悪い予感がした。身を引いて周りを見回すと何かが飛んでる。「マジかよ、虫だ。しかもでかい・・・窓開けたせいで入ってきちまったか」なんて考え、その姿をもっと詳しく確認した瞬間、俺は戦慄した!!!

スズメバチだ!!!!ヤバイ!ヤバイ!!ヤバイ!!!あの関わるもの全てに死を招くという「地獄のスナイパー」だ!!俺も幼少時の頃から周りに「スズメバチに触れること、是すなわち死を意味することなり」という教えを周りからイヤというほど聞かされて育ってきた。

本気でヤバイ!どうしよう!?そう考えていた瞬間、さらなる悪夢が始まった!!もう一匹入ってきた!!!しかも間髪をいれず更にもう一匹が入ってきた!!もう完全に俺の思考は停止していた。何故、俺に部屋に3匹もスズメバチがいるんだ!?解決法も思いつかない。まともに戦っては返り討ちに会うだけだ!!なぜか俺の頭の中ではQueenの「We Will Rock You」が大音量で流れ始めてくる!!もう分け分かんないや!!!

すごく長くなっちゃったからこのピンチの続きは次回の更新の時に書くわ。いつになるかわかんないけどね。

つづく
Fd
最初だし、とりあえず、なんか書いとくか。仕事中いきなり奴からメールがきてなんか書けっていわれたけど、俺はハッキリ言って人様に胸を張って見せれる文章なんか書けんぞ。
大体、普段の俺の行動の何を人に伝えろっていうんだ?元来、俺は抑鬱傾向の強い引きこもり人間だ。やってる事といえば、だらだら横になりながら不良漫画の主人公と自分を脳内ファイトさせてみたりとか、通りを歩いているおばさんにへんな名前をつけたりとか、職場にいる上司や同僚でサッカーのフォーメーションを考えてみたりとか、そんなんばっかりだ。
これから日記を書いていくとしてもかなりラリった文章になるだろう。まあ、仮にも自分たちのホームページだからいいか。次、いつここに書き込むかはまったく分からないが、とりあえずそのうちに。調子の乗ってきたら自分を主人公にしたファンタジー小説を連載させたりとかするかもしれんわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。